靴専科のブーツクリーニングを利用してみた。

■靴専科にメンズブーツを持っていった
f:id:kashi-da:20130818174131j:plain


東京の商店街を通ると、靴修理・クリーニングのお店が一店はあるような気がする。
自分の最寄りの商店街には、数ヶ月前に「靴専科」というお店が出来た。

ちょうど自分には、冬から春先まで履いて、汚れとカビで酷い有様になっていたブーツがあったので、モノは試しにとブーツクリーニングを利用してみることにした。


「店構えは良い感じだよな」と思いつつ、店に入ってみると、美容師の兄ちゃんみたいな店員が現れた。

瞬間、「これはアカンやつや」と思ったが、存外その店員は、特徴ある美声で、接客はドがつくほどの丁寧にしてくれた。料金案外高いよなと迷いつつも、利用してしまったのは、これが決め手だったかもしれない。

クリーニングのコースは、一番安いやつにした。

費用は、4200円ぐらいだったと思う。(Webの価格表みると、4000円前半のコースないんだがなぁ)

なぜ曖昧な書き方なのかというと、記事を書くつもりでありながら、領収書を捨ててしまったんだよね。スマンな ☆(ゝω・)v キャピ

さて、戻ってきたブーツ。
BeforeAfterで、Afterの画像しかないのが、申し訳ないと思うが、コレだ。

f:id:kashi-da:20130818180937j:plain
f:id:kashi-da:20130818180942j:plain

Beforeの状態を知っている自分としては、汚れという汚れは、落としてくれていると断言できる。特に靴の内側で、カビていたところが綺麗になってたのが嬉しい。
(時間を置いてみたが、カビが復活することもなかった)

革の黒ずみは、残っているが、これはより良いコースで頼むと解消してくれるとか。
ただ美声の店員が「可能な限り、黒ずみも綺麗にいたします」と言っていた通り、わりかし黒ずみも減ってはいると思う。

後々になってネットで「変な匂いがつく」という評判を見て、スンスンしてみたが、そんなこともなかった。

もう捨てるしかないレベルのブーツがここまで綺麗になってくれたので、クリーニングという結果をみれば、悪くない出来。
ブーツそのものは、大分くたびれてはいるが、今年も夏明けに履けそうで、満足や。

今回思ったのは、意外に靴の洗浄ってお高いのね ということ。
比較対象としては、アレだが、ワイシャツのクリーニングなんて、選ばなければ数百円だから、貧乏性の自分としては、やっぱり考えてしまうね。

他の靴洗浄系のお店も価格帯は、似たようなものでだいたい数千円かかる。これを安いとみるか、高いとみるか 。
利用者としては、もう少しお手軽価格になってくれると、助かるというのが本音なんだ。

広告を非表示にする